トップ 大工・工務店ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

大工・工務店ナビ建築の豆知識 > プレハブ建築

プレハブ建築

プレハブ建築の画像

 昔のイメージではプレハブは簡素な建物という感じだった気がしますが、時代の流れと共にずいぶんと進化しているようです。
 その進化した今のプレハブ建築とはどのようなものなのでしょうか。


プレハブとは

 プレハブといえば工事現場の仮設事務所や震災などで被災地に建設が求められる仮設住宅などのイメージが強いのではないでしょうか。
 確かにかつてのプレハブはそうでしたが、最近はオフィスや店舗、アパートなどでプレハブ建築が採用されています。
 もともと、プレハブというのはあらかじめ規格部材を工場で製造しておき、建設現場では組み立てるだけという建築方法をいいます。
 また、プレハブは構造部材の種類がいくつかありそれぞれに特徴があります。
 木質系の材料で壁・床・天井を組み立てる工法はさまざまな建て方に対応します。
 ユニット系プレハブは鉄骨を箱型フレームにし、コンクリートやセラミック系の板を取り付け、箱型ユニットを作ります。
 工場での作業割合が多いので製品や部材のばらつきが少なく、品質が安定しているのが特徴です。
 狂いが少なく火災にも強い鉄骨系プレハブは、敷地への対応力が高いので間取りが自由に決められます。
 コンクリート系プレハブは性能の高さが特徴です。
 遮音性、耐火性、耐久性に優れています。

プレハブ建築のメリット

 さて、プレハブ建築にはさまざまなメリットがあるのは知っておきたいところです。
 まず、材料を規格化し大量生産できるので生産コストを抑えることができます。
 また、工場生産の割合が高いので現場作業が軽減され、工期も大幅に短縮が可能となります。
 他にも、規格部材が共通化されているので、施工の短縮や品質向上に配慮されています。
 このようなメリットを持つプレハブ建築は、今後ますますニーズが高まり多様化されるようになるかもしれませんね。

大工・工務店ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 内装工事と外装工事

 どうせ住むなら素敵な家に住みたいですよね。  家にとっては住む人の使い勝手や間取りなども重要なことですが、視覚的にも納得のいく家に住みたいと思うのは当然のことです。  そういった意味で内装工事と外装工事というのは家づくりにおいて大変重要な工程といえるでしょう。 内装工事について  内装工事は、基礎工事・木工事が終わって建物が建ってから行う室内に関わる工事のことです。  代表的な例としては壁面や天井の塗装やクロス張り、床面仕上げなどです。  壁の断熱材の入れ替えなどもします

大工・工務店ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。