トップ 大工・工務店ナビについて お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

大工・工務店ナビ建築の豆知識 > オール電化について

オール電化について

オール電化についての画像

 最近急激に普及が進んでいるオール電化住宅。
 新築の建売住宅などではかなりの割合で取り入れられているようです。
 経済面、安全面などからオール電化にリフォームを考えているというご家庭も少なくないのでは。
 では、このオール電化とはどのような仕組みになっているのでしょう。


オール電化住宅とは

 オール電化住宅は、その名の通り家庭内で用いるエネルギーを電気に一本化したもので、主に利用される電気機器は給湯に使用するエコキュートや電気温水器、調理に使用されるIHクッキングヒーター、冷暖房機器としてエアコン・電気式床暖房などです。
 CO2の排出量を大幅にダウンさせられるので、温暖化の進む地球にとってはエコであるといえます。
 安全面においても、火を使わないので火災リスクが少ないというメリットがあるため、保険会社によっては火災保険が特別割引されるところもあるようです。
 また、オール電化の宣伝でよくいわれている光熱費ダウンについても、ガスと併用するよりも電気一本にすることで基本料金が節約できることになります。
 また、ヒートポンプ式給湯器エコキュートと太陽光発電を組み合わせることで、さらに光熱費を抑えることができるツインソーラーも最近注目されているようです。

オール電化のメリット・デメリット

 実際にこれからオール電化に切り替えを考えている人にとっては、オール電化に対する不安も多少ぬぐえないのが現実のようです。
 では、オール電化にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
 メリットについては前述でも簡単に触れましたが、やはり安全面、環境配慮という部分は大きいと思います。
 また、電気は災害時の復旧が早いというのもメリットの一つでしょう。
 実際に阪神淡路大震災の際にライフラインで最初に復旧したのが電気だったという例があります。
 では、もっとも気になる経済面についてはどうでしょう。
 前述でも基本料金を一本化できることはふれましたが、ランニングコストについての比較は実際には難しいようです。
 深夜割安になるという料金形態を利用すれば光熱費を下げることはできるかもしれませんが、オール電化に変える理由として利便性が挙げられるように、これまで利用していなかった床暖房などによって増えるケースも少なくないようです。
 他にもエコキュートを利用の場合、大量にお湯を使うと湯切れしてしまうという問題もあるようです。

大工・工務店ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ プレハブ建築

 昔のイメージではプレハブは簡素な建物という感じだった気がしますが、時代の流れと共にずいぶんと進化しているようです。  その進化した今のプレハブ建築とはどのようなものなのでしょうか。 プレハブとは  プレハブといえば工事現場の仮設事務所や震災などで被災地に建設が求められる仮設住宅などのイメージが強いのではないでしょうか。  確かにかつてのプレハブはそうでしたが、最近はオフィスや店舗、アパートなどでプレハブ建築が採用されています。  もともと、プレハブというのはあらかじめ規格

大工・工務店ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。