トップ 大工・工務店ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

大工・工務店ナビ住宅リフォーム > 耐震リフォームについて

耐震リフォームについて

耐震リフォームについての画像

 近年日本を含む世界の各地で大きな地震が世界各地で起こっています。
 もしも我が家があんな大地震に見舞われてしまったら…と心配を抱えている人も多いことでしょう。
 そこで、今関心が高っている耐震について調べてみました。


耐震診断

 現在の日本の建築物の耐震基準が定められたのは昭和56年(1981年)のことです。
 ということは、それ以前に建てられた家については耐震リフォームの検討の余地ありということになります。
 まずは自分の家の築年数を確認することから始めましょう。
 次に耐震診断についてですが、地震に対する不安に付け込んだ詐欺が横行しているという報告もあるようなので十分に気をつけなければなりません。
 診断を受ける場合は各市町村や建築関係の各種団体などに相談窓口があるので、そこに相談してみるとよいかもしれません。
 自治体によっては、現行の耐震基準が定められた昭和56年以前に建築された家の耐震診断を無料で行っているところもあるようです。

耐震工事と助成金

 耐震診断の結果、補強工事が必要と診断されたら即工事に取り掛かってもらいたいのが家主の心情でしょうが、現実問題工事費用のことなどすぐには踏み切れないという方は少なくないでしょう。
 ここで知っておきたいのが耐震工事の助成金制度です。
 この制度は各自治体によるもので、助成金額や条件がそれぞれで異なりますが、工事費用の3分の2を補助してくれるという所や数百万円という単位で助成してくれる自治体もあるようです。
 特に木造住宅については地震時の倒壊の危険性が高いため、助成金の支給額が高い場合があります。
 他にも耐震工事を推進する制度として工事を行うと、固定資産税の減免が受けられるという利点があります。
 こちらも各自治体によって条件などが異なるので問い合わせてみるとよいでしょう。

大工・工務店ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 耐震リフォームについて

 近年日本を含む世界の各地で大きな地震が世界各地で起こっています。  もしも我が家があんな大地震に見舞われてしまったら…と心配を抱えている人も多いことでしょう。  そこで、今関心が高っている耐震について調べてみました。 耐震診断  現在の日本の建築物の耐震基準が定められたのは昭和56年(1981年)のことです。  ということは、それ以前に建てられた家については耐震リフォームの検討の余地ありということになります。  まずは自分の家の築年数を確認することから始めましょう。  次

大工・工務店ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。